加齢臭を水素水で解消できる?

40代を超えた辺りから発生すると言われているのが加齢臭です。独特の臭いを発生させ、所謂おじさん臭い・おばさん臭いといった臭いの原因になっています。対策方法としては専用の石鹸を使用するなどして臭いの発生を抑えるやり方がポピュラーですが、その他にも有効性に期待ができるとして水素水を用いた対策方法も注目されているのです。

そもそも加齢臭が発生する原因ですが、脂肪酸が要因になっていると言われています。そして40代以降になると脂肪酸の分泌量が増え、皮膚上に元々存在している常在菌、そして過酸化脂質によって変性されます。その結果、ノネナールという物質に生まれ変わるのですが、このノネナールこそが加齢臭を発生させていると言われているのです。

では水素水がどのように加齢臭を抑えてくれるのかと言えば、ノネナールを作り出すひとつの原因になっている過酸化脂質を抑制してくれるのが理由です。過酸化脂質を抑制できればノネナールへの変性を予防することができますから、結果的に臭いを発生し難くさせることができます。

水素水の活用方法としては内からでも外からでも有効です。例えばドリンクとして飲めば内側から過酸化脂質の発生原因になっている活性酸素を抑制することができますし、水素風呂に入れば肌の表面上の過酸化脂質の発生も抑制することができます。いずれの利用方法でも効果に期待することができ、また内外から同時にケアをすればより効果的な対策を行うことができると言えるでしょう。

なお、水素水は加齢臭だけに作用するのではなく、一般的な体臭にも有効性があると見られています。

体臭は誰でも発生させますので年齢は関係なく臭いを持っています。そして主に体臭の原因になっているのがアポクリン腺という汗腺から分泌される汗なのですが、分泌された汗だったり毛穴から分泌される皮脂が菌や鉄イオンによって分解されることで臭いが発生するのです。

水素水はこのような原因によって発生した臭いにも効き目を発揮しますので、中高年だけでなく体臭が気になる若者が利用しても意味があります。体にも優しく利用でき、尚且つ健康面にも良いとされている水素ですので利用する意義の大きな存在と言えるでしょう。

ただ水素の力だけに頼るのではなく、できる限り臭いを発生させないように対策をすることも大切です。例えばストレスを感じると活性酸素が増え易くなったり、生活習慣の乱れもノネナールの増加を促進します。こういった根本原因への対策をしながらサポートとして水素を取り入れることでより効果的な対策が可能になるはずです。"

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。